ペニス増大サプリの成分のトンカットアリ【基礎知識】
ペニス増大サプリを比較して選んだら+3cm増大した男の体験談

ペニス増大サプリの成分のトンカットアリ【基礎知識】

ペニス増大サプリ

スムーズにペニスが勃起できない状態が続いている人や、中折れに悩まされている人に最適なのがトンカットアリを素材に使っているペニス増大サプリです。

天然の精力剤として古くから重宝されてきた植物で、現在ではペニス増大サプリの原材料として世界各地で活用されています。滋養強壮に効果が期待できるために、勃起障害に悩まされていなくても性的欲求が薄れて困っている時にも便利です。

トンカットアリを含むサプリメントに興味を持っているけれど、何に効果があるのか分からなくて困っている方々のために、この素材の魅力についてお伝えします。

血流促進と抗酸化作用が話題

全身の血流が不安定な状態が続いていると、海綿体にも上手く血液が流れなくなりペニスの硬さが不十分に感じる可能性もあるので、血行不良には即座に対処する必要があります。どのペニス増大サプリを使って血行不良を改善するべきか迷っているのなら、トンカットアリに含まれるグリコサポニンという成分に注目してください。グリコサポニンは血流を促進する効果が期待されており、循環器系の臓器の代謝を高める効果なども期待できる魅力的な栄養素です。

抗酸化作用の大きさでもグリコサポニンは注目されており、体内の活性酸素が原因でペニスが上手く勃起できない状態が続いている時にも役立ちます。活性酸素が増えると動脈硬化が悪化して、全身の血流が悪くなって海綿体に血液が上手く流れなくなる事も珍しくありません。悪玉コレステロールの生成を抑えながら、動脈硬化を予防する効果も期待できるのも魅力的です。普段から悪玉コレステロールの数値が高い人が勃起障害に悩まされている時には、悪玉コレステロールにも対処する必要があるかもしれないと考えてください。トンカットアリを含むペニス増大サプリを日常的に服用する事で、血液や血管の状態も安定すると言われています。

ユリペプチドがアルブミンの働きを調整

人間の体内にあるアルブミンは体内の水分量や血液量を調整する、重要な役割を持つ成分の一つなのですが、アルブミンの量が増えすぎると男性ホルモンの分泌を阻害してしまいます。体内にあるアルブミンの量を調整するためには、トンカットアリに含まれるユリペプチドという成分が効果的だと話題になっており、ユリペプチドは植物由来で安全性の高い成分です。アルブミンと同じく男性ホルモンの分泌を阻害する、グロブリンという成分にも効果が期待できると言われており、ホルモンバランスが崩れている時にもトンカットアリは役立ちます。

アルブミンは人間の血漿タンパクの6割を占める成分なので、量を減らせばいいというわけではありません。量のバランスを整える事を意識しながらペニス増大サプリを服用したいのなら、トンカットアリを含むサプリメントを選ぶ事をおすすめします。コレステロールをテストステロンという男性ホルモンに変化する効果があるのも、ユリペプチドを大量に含むトンカットアリが注目される理由です。テストステロンの量が少なすぎるのも勃起障害が起こる原因の一つなので、日常的にユリペプチドを摂取しながらテストステロンの量を増やす事をおすすめします。

ストレス軽減の効果も期待できる

日頃からストレスを感じているせいで性的欲求も薄れてしまい、勃起障害の症状が悪化していると感じた時に、トンカットアリに含まれるアルカロイドという成分が役立ちます。脳に素早く作用する成分として注目されており、アルカロイドは鎮痛剤にも使われている成分です。ストレスを軽減する効果が期待されているために、仕事疲れなどに苦しんでいる方々もトンカットアリを含むペニス増大サプリを活用しています。植物に含まれる毒性物質の総称がアルカロイドなのですが、毒性物質といっても安全性が高いので心配する必要はありません。

アルカロイドの一部にはタキソールという成分もあり、抗がん剤に含まれている事も多く人体に役立つ毒性物質です。毒性と名前についているからといって不安がらずに、ストレスを軽減するためにトンカットアリを活用する事をおすすめします。精神的なストレスが積み重なる事によって、性的欲求が薄れた状態で血流を促進してもペニスが勃起できずに、勃起障害の障害が悪化し続ける例も珍しくありません。血行不良とストレスには同時に対処する必要があると考えて、効果的な成分が多く含まれるトンカットアリを活用する事をおすすめします。

ペニス増大サプリに含まれる成分トンカットアリについて

トンカットアリとはペニス増大サプリに含まれる成分の一つで、インドネシアやマレーシアの低地の森林に自主する植物のことです。成長は大変遅く15㎝のびるまでに10年かかりますが、成長すると10mほどにもなります。

ペニス増大サプリに使う場合は、トンカットアリの木の幹や根からエキスを取り出したものを使い、根の部分のエキスを抽出したものが効果が高いと言われてます。ペニス増大サプリも液体や錠剤、粉末など色々ありどの場合でも効果には差はないとされてます。

マレーシアなど東南アジアでは古来より解熱剤やマラリアの治療、胃病などの民間薬として使われてきました。近年ではペニス増大サプリなどの商品化が進んでいて、今出回っているトンカットアリはマレーシア政府の公認を受けている会社が製造と販売をしています。朝鮮人参より5倍もの高い治療効果があり、疲労回復・免疫力アップ・男性機能強化など様々な効能があります。

主な効果について

ペニス増大サプリに含まれる成分のトンカットアリですが、男性機能強化以外にも腰痛緩和や血液循環の向上、ホルモンバランスの調節として精子の数の増加、勃起アップや性衝動の増進、射精前状態の増長に性行為の活発化など、ペニス増大サプリに必要な効果が多数あります。

特に男性の性に対しての効果だとマウスを使った実験でも証明されていて、ある大学の研究では1週間服用した後だと、精巣で作られる男性ホルモンのテストストロンが480%増加したという報告も見られます。

日本でもこの効果に着目してペニス増大サプリを服用する人は多くて、精力や性衝動、勃起などの治療薬として知られるバイアグラだと性行動の30分前に服用しないといけませんし、心臓や循環器系に負担がかかるため服用が難しいこともあります。そんな場合でもトンカットアリなら可能で、実は男性だけでなく女性でも同様の効果が期待出来ます。そのためパートナーにも飲んでもらえば、互いに夜の営みも普段よりもより楽しめる可能性が高まります。特に年齢も関係なくすべての年齢の男性と女性に対して服用出来るのも嬉しいところです。

まとめ

トンカットアリとは男女問わず効果がある成分ですが、大変苦みがあってそのまま飲むのはかなり厳しいです。苦みを感じないで効果を得るためにはやはり飲みやすくしてあるペニス増大サプリが最適と言えます。

あくまでサプリメントであり薬ではないので、他の薬と併用出来ますしお酒や飲料水などと一緒に飲んでも問題ないです。マレーシアでは粉末をスープやコーヒー、紅茶などに混ぜて苦みを消すために砂糖などを入れて飲むこともあります。

トンカットアリはどんな成分なのか

ペニス増大サプリで、サイズアップする仕組みとしては血流を改善することで海綿体に流れる血液が増えることや、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌促進が期待できます。ペニス増大サプリにはシトルリンやアルギニンなどの男性機能に良い成分が豊富に含まれていることが知られていますが、他にも様々な成分が含まれています。

自然由来の成分が含まれていることも多く、トンカットアリが採用されること珍しくありません。ペニス増大サプリに含まれているトンカットアリにはどんな効能があるのかも知っておきたいところですが、まずトンカットアリは熱帯雨林の厳しい環境の中で育つ植物です。成長するまでには多くの年月が必要で、地元では古くから親しまれてきたハーブで精力増強や疲労回復、免疫力の向上や男性不妊の改善などに役立てられてきました。トンカットアリは男性に対してだけではなく、女性にも良い効果効能が期待できるとされています。

苦味が強いことが特徴

ペニス増大サプリにも含まれることが多いトンカットアリは苦味が強いことが特徴です。それゆえ、そのまま摂取することは難しく加工してカプセルなどに入れて飲むことが多くなっています。

多くのペニス増大サプリにも採用されているトンカットアリに含まれている成分としては、アミノ酸やグルコサポニン、アルカロイドやステノールなどがあげられます。増大の仕組みとしては、男性ホルモンがしっかりと分泌されることもあげられますが、トンカットアリはホルモンバランスの調整にも役立ちますので、男性ホルモンの分泌促進にも役立ちます。

国内ではなじみがなく、食事で摂ることは難しい植物ですが、ペニス増大サプリでは成分もぎっしりと凝縮されており、少量でも十分な量を摂取できます。トンカットアリ独自のサプリメントも販売されていますが、他にも男性機能や増大に良い成分がバランスよく含まれているのもペニス増大サプリを選ぶメリットです。

まとめ

男性に人気の高いペニス増大サプリには多くの植物成分が含まれていますが、トンカットアリも注目されている成分のひとつです。熱帯雨林の厳しい環境で育つ植物で、古くから滋養強壮や疲労回復、免疫力アップなどに役立てられてきました。

苦味が強くカプセルなどに加工して飲むことが一般的です。ホルモンバランスを整える働きもありますので、男性機能の回復や増大には良い成分と言えるでしょう。単体のサプリも販売されていますが、ペニス増大サプリなら、他の増大に役立つ成分も同時に摂取できます。

ペニス増大サプリのトンカットアリとは?

ペニス増大サプリに含まれる有効成分は、血行を高める作用を持つものが必ずといってよいほど含まれています。ペニス増大サプリはペニスの陰茎海綿体に大量の血液を送る作用を持つ、大量の血液を射精までの間持続するなどの作用があるのが特徴で、血液の流れを良くする有効成分が欠かせません。

血行促進効果を持つ有効成分の一つにトンカットアリと呼ぶものがありますが、トンカットアリとはインドネシアやマレーシアなどの低地森林に自生する植物です。自生する植物の中でもトンカットアリは、15cmほどの大きさに成長するまでには10年前後の歳月が必要などからも、希少価値が高い成分であることがわかるのではないでしょうか。

なお、トンカットアリは朝鮮ニンジンと比べると5倍以上の治療効果がある、疲労回復をはじめ、免疫力の向上や男性機能の強化などの効果を期待することができるため、ペニス増大サプリに配合が行われているものも少なくありません。

副作用のリスク

ペニス増大サプリは血行を高め、勃起力をより高める効果を期待できる成分が豊富に含まれています。勃起力に不安がある男性や中折れで悩みを抱える男性、そしてワンサイズ男性器を大きくしてパートナーとのコミュニケーションを楽しみたいと考えている男性などからの注目を集めています。

ペニス増大サプリはいわゆる健康補助食品であり、医薬品とは異なるので即効性への期待はできません。即効性がないので副作用のリスクも限りなく少ないのですが、一度の摂取量を多くするなど使用上の注意を守らないときには効き目がより大きくなる可能性もありますし、血行を高める作用があるので高血圧の男性などが使用すると悪影響を与える可能性もないとは言い決めません。

使用するときには用法量を守ることが基本、血圧を下げる薬を服用している人はかかりつけ医にペニス増大サプリやトンカットアリの服用について相談をした上で利用することをおすすめします。

まとめ

トンカットアリはマレーシアなどの森林に自生する植物、ペニス増大サプリの有効成分として配合が行われているものが多くあります。

トンカットアリを1週間服用し続けた男性の精内作り出されるテストストロンが480%まで増加するなどの報告もあり、精力増強作用も期待ができることがわかります。

なお、サプリメントではありますが、用法を守らずに大量に摂取をする、血行を高める効果を持つので高血圧症の男性は使用する際には医療機関での相談が大切です。

ペニス増大サプリは成分が大事

精力に自信が無かったりペニスをもっと大きくしたい時には、ペニス増大サプリを取り入れるのがお勧めです。最近では種類も豊富になっていますので、目的や体質に合うものを選ぶことができます。ペニス増大サプリに含まれる成分が色々とありますが、その中でもトンカットアリは優れた効果を発揮する成分です。

トンカットアリは東南アジア原産のハーブの一種であり、ED治療や滋養強壮に効くとされていますが、栽培するのが困難であるため流通量は多くはありません。貴重なトンカットアリを取り入れるには、やはりペニス増大サプリが効率的ですので、良質なサプリを探すのがお勧めです。

トンカットアリの成分として有名なのは、グリコサポニン・ユリペプチド・アルギニン・亜鉛等です。グリコサポニンは内臓の代謝を高めて血流を促進し、ユリペプチドはコレステロールをテストステロンに変換します。また、アルギニンは血管を拡張して成長ホルモンの分泌を促し、亜鉛はED予防に効くのが大きな特徴です。

トンカットアリは長期的な服用で効果を発揮

ペニス増大サプリというと、飲めばすぐに効果が出ると勘違いしている人も多いようです。しかし、トンカットアリの作用はゆっくりと効いてくるため、摂取方法で大事なのはじっくりと長期的に飲むことです。

トンカットアリ自体を入手して飲む方法もありますが、味の問題で飲み続けるのは大変ですので、手軽に続けるためにペニス増大サプリにする必要があります。

摂取方法としてもう一つ覚えておきたいのは、毎日同じタイミングで飲むことです。継続してケアを行うためには飲み忘れを防がなければなりませんので、毎日同じタイミングで飲んで習慣づけることが大切です。

ペニス増大サプリは薬ではありませんので体への作用は優しいですが、それでも1日の摂取目安量をオーバーするような飲み方はせず、規定量を守ることもポイントになります。早く効き目を得たいからと過剰摂取する人もいますが、過剰摂取をすると身体への負担が大きくなります。

まとめ

精力に自信がない、ペニスをもっと大きくしたいと考える時にはペニス増大サプリがお勧めですが、色々な種類がありますので配合されている成分で選ぶことが大切です。

非常に効果的な成分にトンカットアリがあり、そのままでも摂取はできますが味の問題もあって継続するのは困難です。

ペニス増大サプリを取り入れて毎日同じタイミングで飲むと、習慣づけることができますので飲み忘れを防げます。体に優しく効きますが、一日の規定量は守らなければなりません。

ペニス増大サプリの成分のトンカットアリまとめ

アルブミンという体内にある成分が原因で男性ホルモンの働きが阻害されて、ペニスが勃起できない状態に役立つのがトンカットアリを含むペニス増大サプリです。

ユリペプチドなどのトンカットアリに大量に含まれる成分が、男性ホルモンの分泌を阻害する成分に作用して、勃起障害の症状を改善すると言われています。ストレスなどの悩みにも対処できる成分が多く含まれているのも、勃起障害対策にトンカットアリを活用したいと考える人が多い理由です。植物由来の成分なので安全性が高くて、副作用を心配している方々にも合っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました