下半身に悩みを抱えている男性は多いですが、その悩みの1つが包茎になります。
包茎は大きく分けて3種類あり、仮性包茎と真性包茎そしてカントン包茎になります。
それぞれ悩みの種類は異なりますが、そのままの状態でも問題ないと言えるのは仮性になるでしょう。

ただそれとも見た目が気になるため手術をしようとする人は少なくありません。
残りの2つは、比較的高い確率で手術をした方が良いです。
それにもかかわらずなかなか手術に踏み込めないのは、それなりの理由があります。
1つは恥ずかしいからと言う事ですが、それ以外には費用がどれぐらいになるかわからないからです。
今回は、それぞれの手術の金額を見ていきます。

仮性包茎手術の金額はどれぐらいか

保険に関する初心者がいるとすれば、やはり手術をする時の金額を知りたいところでしょう。
仮性包茎の場合で言えば、初心者ならば100,000円前後と考えておいた方が良いです。
どのような手術内容になるかと言えば、余分な皮の部分をカットすることです。
これにより、亀頭が出るため仮性包茎から脱することができます。
クリニックによっては、50,000円程度で行うところもありますが、実際に口コミや評判を聞いて金額と比較しながら決めるのが良いかもしれません。

仮性包茎手術が比較的安いのは、そこまで大きな手術にならないからです。
そもそもこの状態の特徴は、亀頭の全てが覆い尽くされているわけではないことです。
1部分だけ覆われているため、その部分をカットすれば済みます。
技術的にも難しくなく、時間もかかりにくいため料金が安いと考えましょう。

ただ最近は、カットしない方法もあります。
やはりメスを入れると傷跡が目立ちやすいあるいは痛そうといったイメージがあるのも事実です。
カットしない方法は料金が高くなり、150,000円から300,000円ぐらいになると考えておけばよいでしょう。
初心者ならば、カットした方が金額の負担が少なくなるためそちらを選んだ方が良いかもしれません。

真性包茎の場合の金額は

初心者がぜひ知っておきたい真性包茎の場合の金額は、仮性包茎よりも若干高くなり、150,000円から200,000円位になります。
この状態は、完全に亀頭部分が皮に覆われてしまっているため、手術をするのに若干手間がかかります。
そのため、仮性包茎手術に比べて料金が高くなる傾向があるといってよいです。

真性包茎手術の場合、もう一つの選択肢がないわけではありません。
それは、メスを入れないタイプです。
真性包茎手術でメスを入れないタイプは、皮がむけた状態にするために亀頭を大きくする方法です。
亀頭が小さいと皮がすっぽりと被ってしまいますが、亀頭部分が大きければその上から皮が被さる事は考えにくいです。

この場合、保険が適用されるか問題になります。
病気などの場合には、保険が適用されるため国民は3割負担で済ませることができるわけですが、真性包茎手術の場合多くの事例において保険が適用される事はありません。
なぜなら、それをしなくても生活に困らないケースが多いからです。
しかし、ごくまれに生活に困るケースがあるためこの場合には保険が適用されるでしょう。
保険が適用されると言う事は、国民の税金を使うことになります。
そのため、税金が適用される場面はごく限られていると考えとくは間違いありません。

カントン包茎手術の場合はどうか

カントン包茎とは、亀頭部分を皮が締め付けている状態です。
最初からこのようになっている人はあまりいませんが、もともと包茎だった人が無理に皮をむこうとした結果、亀頭の途中で止まってしまいそこから動かなくなってしまった場合です。
この状態は結構危険と言われています。
何故かと言えば、皮が亀頭を圧迫するからです。
そうすると内出血などが起きるだけでなくうっ血してしまい大きな問題になるでしょう。
この状態になっている場合は、すぐに手術をした方が良いです。
そうしなければ、下半身の機能が半分なくなってしまう可能性が高くなります。

手術をする場合の費用は、真性包茎の時とそれほど変わらず200,000円位と考えておきましょう。

仮性包茎手術をする場合、保険が適用されるか問題になりますがこの状態だと適用されるケースが多いです。
何故かと言えば、すぐに手術をしなければいけない状態だからです。
例えるならば、大怪我をしてすぐに手術をしなければいけない場合似ています。
包茎手術は怪我では無いものの、緊急性を要すると言う意味では共通しており、そこに保険を使うのは妥当と言えるかもしれません。

金額を安くしたい場合には、それぞれのクリニックを比較してみると良いです。

まとめ

仮性包茎手術をする場合の費用ですが、一般的には50,000円から150,000円程度と言われています。
それほど緊急性もないため、保険が適用されることはまずありません。
これに対して、真性包茎の場合は15まんえんから200,000円程度になります。
仮性包茎より料金が高くなっているのは、手術が若干難しいからでしょう。
保険が適用されるケースもありますが、適用されないケースの方が多くなります。

最後に、カントン包茎の場合ですがすぐに手術をしなければならないため緊急性や必要性が高くなります。
費用は真性包茎と同じ位になりますが、このパターンでは保険が適用されるケースも多いです。